Archive for 2012

不動産売却一括査定サービスをはじめて5年が経ちました

Posted by:

まずは、僕が初めて不動産売却をした時の話から。。。
8年程前(父が他界した時)に2物件ほど不動産物件を売却する経験をしました。その時は残念ながら一括査定なるものも知らず、友人に紹介してもらった不動産会社(1社単独)のアドバイスを聞きながら売却しました。自営業(鉄工所経営)の父が人生をすべてつぎ込んだ工場を父が死んだ後に売却したわけですが、その時、色んな思いが交錯しました。神戸の下町にあった工場でしたが、売る際に工場を解体して(住宅用地)として売却するほうが有利だと不動産会社に説明を受けたのですが、とても迷った結果、しばらく工場のまま買ってくれる人を待つことにしました。
父の会社で経理担当で父を支え、いつも寄り添いながら人生を歩んで来た母が「お父さんが死んだこと早く忘れたいから早く売却してほしい」と言う事で売却話を進めました。 その売却準備で何度か工場を訪れるたびに「父の仕事ぶり」を語る母の言葉と、工場の鍵をしめて帰る際いつもとても寂しそうだった母の後ろ姿を何度も見てたら、工場を解体してしまう気にはなれなかった。父や母の大切な時間や思い出が沢山詰まったものをこれから独りで生きて行く母の目の前で壊すのは僕自身決断できなかったというが本音でした。
借金もローンも残ってなかったので急いで処分することもなかったのですが、売りに出していると色々な買主さんから声もかかりました。 工場の跡地に「(更地にして)マンションを立てたいので」とか結構好条件なものもあり不動産会社からも背中を押される場面もしばしば。でも、その度に、そのまま使ってくれる買主もう少し待ちたいと、仕事をまとめたい不動産会社に伝えていました。 そんなことをしているうちに半年くらいが経ったところで、工場をそのまま使いたいという買主さんが現れました。息子さんと医療器具の製造をしている会社のオーナーでネットに掲載されていた本物件をみつけて申込んだということでした。工場物件を探していたが更地で工場を建てるだけの予算がなくて、でもすぐにでも使える工場をさがしていたと。。。最終的な売却金額は安くなってしまいましたが、解体することなくそのまま使うとのことだったのですぐに契約しました。 よい買主に巡り会えたことに本当に感謝しました。
不動産を売却するということは一般個人の売主にとっては、とても心のエネルギー費やすものだと思います。それそれの個人事情によって売却の進め方も様々でマニュアル化できるものではないし。不動産の価格も、個人の経済事情、物件の条件、状態等でも大きく変わってきます。売る相手、売り方、金額面、その他色んな要素を満足させる必要もあり大変難しいものです。僕の場合は、インターネットに助けられ、最適な買主に偶然にも巡り会え、満足のいく売却ができました。
売却価格は大きな満足要因かもしれませんが、最適な売主と買主のマッチングは不動産売買の成立の重要要素だと思います。30年近く情報技術の仕事をしてきて自分自身が不動産の売却経験を通して、ネットの有り難さを痛感できたのは数少ない貴重なネット体験でした。もし、それがなければ、今、不動産価格.netという売却サイトを始めてなかったと思います。
売却サイト開設当初から、一般の個人の方が納得のいかない不動産売却を少しでも減らすことができればいいなぁと思いながら不動産価格.netを運営維持してきました。不動産価格.netはあくまでも一般個人の方の売却を支援することが主題で、不動産会社の営業支援するのが主目的ではなく、結果的に顧客獲得繋がるということです。そういう観点では、来る者拒まず方式で不動産会社は掲載している他の一括査定サイトとは一線を画した運営ポリシーとなりますね。 不動産価格.netは、当方が選んだ不動産会社(当社から査定のご担当をお願いしたいと思う不動産会社)を掲載していくというのが基本スタンスです。 2007年のサイト開設から5年間で当社から掲載をお願いした不動産会社も30社となりました。 まだまだ大都市圏中心ですが、徐々に地方展開(地域密着型の有力な不動産会社の発掘)も目指して行きたいと思います。
今後5〜10年くらいのスパンで一般個人の方が不動産会社を選び見極める時代に大きくシフトしていくと思います。その過程で一般個人の売主の方の不動産に関するリテラシーの向上がとても重要なテーマになっていくと思います。当サイトとしてもその点で貢献出来るように情報発信を強化していきたいと思っています。

Continue Reading →
0

不動産リテラシーを高めるお手伝い

Posted by:

不動産売却サイトを日々運営して感じるのは、一般個人の不動産に関するリテラシーの低さが気になります。(リテラシーとは情報を見極め、使いこなすチカラのことです) 確かに、不動産を売買するなんてイベントは長い人生のうちに何度もある話じゃないし、学校でも習うこと無いし、知らないことがあっても仕方ないと言ってしまえばそれまでなんですけど。。。。それにしても、不動産取引の現場のプロの不動産会社と一般個人の不動産所有者の間の「情報格差」はかなり大きいです。
その情報格差を埋める為に不動産仲介という業が成立していると思うのですが、一般個人の大半は不動産会社に関しても知らないことが多く、営業店舗の敷居は高く、気軽には相談にでかけられないのです。売却の意思決定のギリギリまで訪問しないことが多いですね。換言すると、瀬戸際にならないと行かないという一般個人が行動パターンが問題なんですけどね。
一方で、不動産会社側の言い分を聞いてみると、専任媒介契約し取引成約までいかないと全く金(手数料が入る)にならない、他決(他社と契約され、そちらで売却が決まると)ボランティア作業になるからというビジネスモデル(本音)もあり、熟して落ちそうな果実(意思決定をしており駆け込み寺的に訪ずれたお客)狙いになりがちなんです。バブルが崩壊するまでは、駅前に店を構え、チラシ撒いていれば熟れた果実を食べれた経験(バブル)があるだけに、それでよしだったのかもしれません。また、バブル崩壊後に入った社員は頑張っても報われない世代で、やはり熟れた果実待ちになるのかもしれません。まあ、色んな捉え方があると思いますが、結論的には、「客の目線」とはかなりかけ離れたところで仕事をしている部分はあるんじゃないかと思います。勿論、例外もあると思います。地域密着でその街のコミュニティにとけ込んで気軽に近所の人が出入りしている不動産会社もあると思いますが、少数です。
自分も2度ほど父の不動産を売却しましたが、不動産会社の営業は常に「瀬戸際営業」でした。店に入るとまず、個人情報をシートに記入させられ、尋問(事情を根掘り葉掘り聞く)からはじまりました。これは会社が違っても大抵同じようです。それでも、一般個人は不動産会社にお願いしないと不動産取引ができないのが現実なんです。なぜなら、一般個人だから(ほとんどが初めての売却)、不動産関連の法務から税務、市場動向や不動産取引実務など広域かつ専門的な知識もないし、現場の情報もよく知らないし、取引には免許(宅建)が必要だし。だから不動産会社に全面的に頼るしかないというのが一般的な状況なんです。
インターネットが生活に浸透しネットから多くの情報や知識も入手できるようになりました。実際に不動産会社の店舗の敷居をまたぐ前に、大体の売出価格や路線価や公示地価もネットで簡単にみれるし、不動産取引の流れや注意点も情報収集できます。また、不動産会社の経営状況や営業状況を自宅のパソコンから覗けるようになってきましたから、不動産会社サイドも従来のビジネススタイルでは通用しなくなる危機感は持ち始めてきました。
不動産会社も熟れた果実かどうか選ぶという以前に、一般のお客様に選ばれなくなりつつあるということです。例えば、当社が運営している一括査定サイトを経由すれば、これまでとはポジションが逆転し、一般個人が不動産会社を選ぶという流れになります。
一斉に複数の会社に無料査定を依頼し、競争原理の働いた状況ができ、その査定プロセスの中で複数会社の提案を一般個人のお客さんが比較して選ぶという流れです。
(まだまだ、一般には浸透していないのが現実ですが、、^_^;。。)
不動産会社との情報格差をネット経由で埋めていくというのは今後もどんどん浸透していくと思います。情報格差を埋まっていくのは、ある意味、時間との戦いだと思います。
ただ、一般個人の方も情報を収集して自分の脳で肌で感じて、吟味する意識を高めないといけないのも事実です。本業にも関わらず勉強不足な営業マンくらいはあっさりと見極めれるチカラくらいは準備してから、取引を開始してもらいたいとも思います。
不動産のサイトを運営していると、サイト利用のお客様から「不動産を売却したいんだけど、不動産会社はどれがいい?大きいの?小さいの?」とか質問されることもあるのですが、「大小の問題はさておき、不動産会社に自分の耳や目で聞くことだと思います。」と回答しています。
判断材料は、自分で、時間をかけて、自分が納得するまで情報収集するというプロセスがとても重要なのです。自分の大切な不動産を取引するのだから。。。

出典:不動産売却リテラシー特集サイト

Continue Reading →
0

謹賀新年 2012年 年頭所感

Posted by:

新年、明けましておめでとうございます。
東日本は元旦から震度4の地震で結構、インパクト強いスタートです。
さて、昨年、ムバラク、カダフィー、ビンラディン、金正日など世界の膿の部分がかなり出た感じで、国際的情勢の安定化に向かうことを切に思います。一方で、欧州危機がまだまだ余談を許さないというか、ギリシャに続いてイタリアの金利状況さらに2月には大型の債券償還がちとやばくなってきましたね。サブプライム→リーマンショックの再来にならなければよいのですが。さらに、日本国内でもTPP,消費税増税、財政改革など複雑な利害調整が必要なテーマが目白押しですが、今の民主党(政府)への不信感やリーダーシップの欠如では、暗闇の中から灯りはまだ見えない状況であると言わざるを得ないですね。
このような状況を打破して『灯り』を見つけるには、他人にまかせて不満を叫ぶだけよりは、自らの責任で(自立的に)動いて灯りを探せば、必ず出口は見えてくると思います。
当社もお陰さまで四月には12期目を迎えます。今年のメインテーマは、「情報の質」のデザインにフォーカスして、強みを鍛え、より効果的にポテンシャルターゲットへリーチしてく戦略で「昇竜」な一年を築いていくのが本年の経営目標としております。
当社は広告代理店でもなければ、WEBの受託開発会社でもありません。知恵を絞り、技術を駆使して、ベストプラクティな情報サービスを企画開発し提供して行くことで、既存の競合とは一線を画した形での事業開発を進めて行く予定です。
本年もよろしくお願い申し上げます。
平成24年元旦

Continue Reading →
0