Blog

2017年度にむけて

Posted by:

 

昨年12月末に母が入院し、年が明け1月10日に旅立った為、今年は年頭所感を書くことができなかったのですが、ようやく自分自身の気持ちの整理もつき落ち着きを戻してきました。 13年前に父が他界した後、認知症という厳しい病気を背負った母が東京に連れて来て10年間。 母がこの世からいなくなったことは息子としては寂しい気持ちでいっぱいですが、きっと本人はとても楽になって今頃は天国で父と再会していると思い毎朝欠かさずお線香をあげています。

 

 仕事のこと

不動産価格.net(不動産売却サイト)を運営して10年目の年となります。本年も不動産価格.netサイト運営/開発を軸に、当社の情報サービス開発事業を推進していきたいと思っています。

不動産価格.netを通じて、数多くの一般個人向けの不動産売却の端緒を開いてきました。一人でも多くの売主様が後悔していない円滑な売却ができることが当サイトの目指すところであり、売主様さらには買主様の不動産取引に関するリテラシーが向上にむけてコンテンツの拡充に一層注力していきたいと考えています。

不動産の売却は、人生の転機に直結している場面も多くあります。売主様や買主様の多くは、そもそも不動産売買取引の経験や知識が十分でなく情報バランスの欠けた状況で判断し、売却/購入の意思決定に至っています。 特に売却については、瀬戸際で動き始める方も多く、金額面だけが先行しすぎたり、経験や知識が少ないがゆえに不動産会社に頼りきりになり(言われるがままに)他人事のように考え売買契約書にハンコをついてしまい、後の祭り的な結果となった方が少なくないのも事実です。

不動産を動かした(売買・貸借)後に納得がいかない結果だった時、不動産会社のせいにしてしたり、また、不動産会社もお客様が経験や知識がないのを(情報格差)いいことに粗慢な仕事をしているケースもよく耳にする話です。日本の不動産流通情報環境の未熟さを感じざるを得ないのが現実です。

日本人は家を売ったり買ったり、貸したり借りたりに関するコモンセンスが欧米に比べて乏しく、合理的な判断基準をもっていないままバランスに欠けた判断をしてしまうことが問題の本質だと考えています。

そういう背景もあり、不動産情報サービスを提供する者として、その情報格差を改善するべく一般個人の視点で不動産を動かす際に必要と思われる情報を提供するとともに、不動産を動かす際に必要な論点を整理して提供していくことを目標にコンテンツの充実を図りたいというのが今年の当社の事業目標です。

 

 

0


About the Author: