Blog

不動産売却一括査定サービスをはじめて5年が経ちました

Posted by:

まずは、僕が初めて不動産売却をした時の話から。。。
8年程前(父が他界した時)に2物件ほど不動産物件を売却する経験をしました。その時は残念ながら一括査定なるものも知らず、友人に紹介してもらった不動産会社(1社単独)のアドバイスを聞きながら売却しました。自営業(鉄工所経営)の父が人生をすべてつぎ込んだ工場を父が死んだ後に売却したわけですが、その時、色んな思いが交錯しました。神戸の下町にあった工場でしたが、売る際に工場を解体して(住宅用地)として売却するほうが有利だと不動産会社に説明を受けたのですが、とても迷った結果、しばらく工場のまま買ってくれる人を待つことにしました。
父の会社で経理担当で父を支え、いつも寄り添いながら人生を歩んで来た母が「お父さんが死んだこと早く忘れたいから早く売却してほしい」と言う事で売却話を進めました。 その売却準備で何度か工場を訪れるたびに「父の仕事ぶり」を語る母の言葉と、工場の鍵をしめて帰る際いつもとても寂しそうだった母の後ろ姿を何度も見てたら、工場を解体してしまう気にはなれなかった。父や母の大切な時間や思い出が沢山詰まったものをこれから独りで生きて行く母の目の前で壊すのは僕自身決断できなかったというが本音でした。
借金もローンも残ってなかったので急いで処分することもなかったのですが、売りに出していると色々な買主さんから声もかかりました。 工場の跡地に「(更地にして)マンションを立てたいので」とか結構好条件なものもあり不動産会社からも背中を押される場面もしばしば。でも、その度に、そのまま使ってくれる買主もう少し待ちたいと、仕事をまとめたい不動産会社に伝えていました。 そんなことをしているうちに半年くらいが経ったところで、工場をそのまま使いたいという買主さんが現れました。息子さんと医療器具の製造をしている会社のオーナーでネットに掲載されていた本物件をみつけて申込んだということでした。工場物件を探していたが更地で工場を建てるだけの予算がなくて、でもすぐにでも使える工場をさがしていたと。。。最終的な売却金額は安くなってしまいましたが、解体することなくそのまま使うとのことだったのですぐに契約しました。 よい買主に巡り会えたことに本当に感謝しました。
不動産を売却するということは一般個人の売主にとっては、とても心のエネルギー費やすものだと思います。それそれの個人事情によって売却の進め方も様々でマニュアル化できるものではないし。不動産の価格も、個人の経済事情、物件の条件、状態等でも大きく変わってきます。売る相手、売り方、金額面、その他色んな要素を満足させる必要もあり大変難しいものです。僕の場合は、インターネットに助けられ、最適な買主に偶然にも巡り会え、満足のいく売却ができました。
売却価格は大きな満足要因かもしれませんが、最適な売主と買主のマッチングは不動産売買の成立の重要要素だと思います。30年近く情報技術の仕事をしてきて自分自身が不動産の売却経験を通して、ネットの有り難さを痛感できたのは数少ない貴重なネット体験でした。もし、それがなければ、今、不動産価格.netという売却サイトを始めてなかったと思います。
売却サイト開設当初から、一般の個人の方が納得のいかない不動産売却を少しでも減らすことができればいいなぁと思いながら不動産価格.netを運営維持してきました。不動産価格.netはあくまでも一般個人の方の売却を支援することが主題で、不動産会社の営業支援するのが主目的ではなく、結果的に顧客獲得繋がるということです。そういう観点では、来る者拒まず方式で不動産会社は掲載している他の一括査定サイトとは一線を画した運営ポリシーとなりますね。 不動産価格.netは、当方が選んだ不動産会社(当社から査定のご担当をお願いしたいと思う不動産会社)を掲載していくというのが基本スタンスです。 2007年のサイト開設から5年間で当社から掲載をお願いした不動産会社も30社となりました。 まだまだ大都市圏中心ですが、徐々に地方展開(地域密着型の有力な不動産会社の発掘)も目指して行きたいと思います。
今後5〜10年くらいのスパンで一般個人の方が不動産会社を選び見極める時代に大きくシフトしていくと思います。その過程で一般個人の売主の方の不動産に関するリテラシーの向上がとても重要なテーマになっていくと思います。当サイトとしてもその点で貢献出来るように情報発信を強化していきたいと思っています。

0


About the Author:

Add a Comment