Blog

不動産売却と不動産会社選びの要諦

Posted by:

1.不動産売却の第一歩は簡易査定から
一般的にマンション、土地、建物など不動産を売却する場合、その不動産物件の概算の売却価格を机上計算で査定してもらうこと(簡易査定)を不動産会社に依頼することから始まります。依頼を受けた不動産会社は、公示地価路線価、近隣の不動産売却事例データ等を参考にご所有の不動産の概算価格を無料で提示します。
  <要諦1>
 
  簡易査定が不動産会社との接点の始まりとなるわけですが
  この時点では大切なことは「冷静さ」がとても重要です。
  不動産会社はひっかかった魚を釣り上げようと(専任で仲介
  の契約:専任媒介契約を結ぼうと)懸命に営業アプローチを
  をかけてきます。
  少なくても、3社、4社には同時かつ均等に簡易査定を
  依頼しておくこと(依頼していると知らせておくこと)が
  失敗しないポイントとなります。
  査定額にウエイトを置きすぎることが無いようにすべきです。
  
  検討に時間を十分取ることも重要な点です。不動産営業マン
  の継続的な誠意や手の内も冷静に比較検討していくことで
  失敗しない不動産会社選びの近道です。急がば回れですね。
  
  従来は、自分の足で候補不動産会社の店舗を訪問して事情を
  説明して、、、というアプローチでしたが、今はネット経由
  で、一日で不動産査定の依頼を出すことも可能なのでそちら
  を上手に使っていくことをお勧めします。
  
2.不動産会社を決める前に本査定依頼(訪問査定
実際の売却価格は、その不動産の条件や状態(痛み、汚れ具合、物件立地状況、性能状況、管理体制、権利条件など)によって決定するので、不動産会社と仲介の契約(媒介契約)する前には、詳細な調査(訪問査定)が必要となります。不動産会社による訪問査定も簡易査定同様、無料です。
  <要諦2>
  さて売却の意思も固まってきたら具体的な売出し価格を決定
  することが、あなた(売主)がすべき最重要項目です。
  この段階で不動産会社選びも最終段階になると考えたいです。
  1社限定(専任媒介)で販売活動を依頼するか、複数社(一般
  媒介)にするかを決定しなければなりません。
  国内の不動産仲介業界の現状では、専任媒介を結ぶことが主流
  となっています。一般だと販売のための広告費、労力があまり
  かけれないというのが不動産会社の本音です。さらに不動産会社
  は、売主に販売活動を報告する義務もありません。
  
  ポイントは本査定を依頼した時点で、その会社の売却戦略提案
  を依頼して、その実現性をしっかりチェックすることが肝心です。
  
  不動産会社の算出する査定額はあくまでも誤差のある概算価格です。
  最終取引価格(市場価格)に限りなく近いものを提示してほしい
  ものです、が、相場よりかなり高額な査定額を提示する営業マンも
  少なくありません。要注意です。
  売主様の関心を引きつけ(嫌な表現になりますが、欲につけこみ)
  自社で専任仲介契約を取るための査定額(高額査定)を提示して
  しまうのです。契約後、何か月かして売れない辻褄を合わせをして
  販売価格を下げればよいと考える営業マンも少なくないのです。
不動産を売却するには、売主自身に最適な不動産会社を見極める目が要求されます。それも短い期間で不動産の素人が不動産のプロを選ぶ必要があります。仕事熱心な営業マンに越したことはないですが、会社や自分の成績に熱心なだけでは困ります。そういう意味では、不動産を売却するというのは簡単なことではないですね。自分で最終的に納得でき、後悔しないようにするためにはできる限り客観的な判断材料を集めて、色々な人の意見や考えも聞きつつ選ぶことだと思います。もし、何かご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せください。
https://www.fudousankakaku.net/contact_kojin.html

0


About the Author:

Add a Comment